結婚式の二次会豆知識を書こうと思います。ジューンブライドというのは6月の結婚式ということです。言葉としては6月の花嫁であったり、結婚ということを意味すると言われています。6月に結婚をすると幸せになれるということです。もともとはローマ神話が由来ということのようです。6月というのが結婚と女性の守護神であるジュノーの月とされているからということです。

なんとなく使っていた言葉にも、きちんと意味があるということがわかりました。なんとなくはわかっていましたが、日本が発祥ということではないということです。主にヨーロッパやアメリカなどで広がった意味合いになるようです。そうなってくると欧米においては、6月に結婚する人が多いということになりそうです。言い伝えとは言え、それらを信じる人は多いということです。では日本ではどうかです。日本でもその言葉を聞いて6月に行いたいと考える人が多いということです。でも日本の6月といいますと梅雨にあたります。雨が降られる可能性が高いのです。結婚式では屋外に出ることもあります。また出席者は着飾って来てくれることになりますから、あまり雨の日というのは好ましくありません。

そういうことから、1年を通すと、決して6月が多いというわけではないようです。では何月が多いかというと、最近人気の月としては11月があります。秋というのは比較的天気も落ち着いています。9月、10月は台風などがあります。12月は寒くてせわしないです。となると11月はちょうど良いということになるようです。そういうことから、招待されることも多くなってくると思います。その年頃の友人や知人が多いという場合は、出費を覚悟しておいたほうがよいでしょう。式と二次会に呼ばれるということもあれば、二次会のみに呼ばれるということもあります。結婚式の二次会での豆知識として、服装について知っておくと良いです。服装をどうすればよいかですが、セミフォーマルで良いということです。軽装ということで普段着でも良いかと思われがちですが、それでは少し恥ずかしい思いをします。男性であれば、スーツであったり、ジャケットは必ず着用したいです。ジーパンは好ましくないとされています。女性はワンピースなどで問題ないということです。アクセサリーについても、特に気を使う必要はありません。着飾って行くと良いです。ただし、花嫁よりも目立つということがないようにするのは求められることになります。参加する人で色々と話をして行くと良いと思います。